税率や控除額

相続税の具体的な税率や控除額をお教え致します。ある程度知っておこう。 - 具体的な税率と控除額

具体的な税率と控除額

ある人からの相続を行う。
そのようなときには、相続税というものが加算されるのですが、このときの具体的に税率や控除額というものについてはあまり知る機会がないかもしれません。
大体でもよいので、具体的な数字を覚えておくだけで、実際の手続きなどがスムーズに進むという可能性もありますのでここで簡単に触れておきたいと思います。
法定相続分が1000万円以下である場合。
税率が10%で控除額はありません。
次に1000万円から3000万円以下である場合。
税率は15%、控除額は50万円となっています。
3000万円から50000万円以下の場合。
税率20%、控除額が200万円です。
5000万円から1億円以下の場合。
税率30%、控除額が700万円です。
1億円から2億円以下の場合。
aqerrts
税率40%で控除額が1700万円です。
2億円から3億円以下の場合。
税率が45%で控除額は2700万円です。
3億円から6億円以下の場合。
税率50%、控除額が4200万円です。
6億円を超える場合。
税率が55%、控除額が7200万円。
以上のように定められています。こちらは2015年1月1日に改定された後の設定となっています。
それ以前に無くなったという場合ですと、改定前のものが適用されますのでご注意ください。相続税の改正には十分注意をしましょう。
以前と違っている点は、1億延長の遺産額に対しての相続税の税率と控除額です。
相続税手続きをこれから行われるという方においては、どちらのものが適用されるのか考えておく必要があるでしょう。
被相続人から、財産などを譲り受ける人のことを相続人といいます。
こうした相続人は個人であり、それぞれが相続税を支払わなくてはなりません。
しかし、場合によっては個人(自然人)に相続されるということも考えられるのです。
このような状況においては、相続税以外の税金というものが掛かってくるケースがあるのです。
全ての場合ではありませんが、相続税以外にかかる税金が生まれる事柄について触れていきましょう。
まずは、公益法人から財産をもらった場合です。

被相続人の印を設立許可されている法人が運営されているものが相続した場合には、相続税がかからないケースが考えられます。
公益目的のため、相続税の申告期限までに「特定公益法人」に寄付した場合においては相続税はかからないこととされているのです。
このとき、すでに設立されている法人であることがその条件となります。
ここでいう特定の公益法人とは、教育・科学の振興によって貢献することがみとめられている法人となります。
ですから、全ての法人において適応されるというものではないのです。
相続税が掛からない特例を承認してもらうためには、いくつかの要件があり、「その全て」において当てはまることが条件となるのです。
1つめは、寄付した財産は、相続や遺贈によってもらった財産であること。
2つめは、相続財産を相続税の申告し世の提出期限までの寄付をすること。
3つめは、寄付先が教育・科学などに貢献することが認められた一定の公益法人であることで、政令でさだめられているもの。
これら全てに該当するものとなります。